*

最近聞かれる中古車リースってどんなもの?

公開日: : カーリース

sports2

以前はカーリースと言えば新車で法人契約が相場でしたが、最近では個人の新車、中古車のカーリースが多くなりました。当然なことですが新車ではなく中古車を利用することで車両代が低くなるので、安価にリースが受けられて通常購入する時の頭金や諸費用といったものが月々の定額のリース料金に含ませることで不要になり、気軽に車を入手出来るようにななったからです。

カーリースのメリット

新車、中古車を問わず車検代、法定点検費、修理費や任意保険までもが含まれたリース契約もあり、保有者はリース料金の他に燃料代と駐車場代だけですむものもあり、便利になりました。残存価格が予め設定済なのでローンより月々の支払額が少なくなりひとランク上の車種も選択しに入ります。
3年ごとに新車に乗りたい人にはいいかもしれません。
車を購入する場合不人気車種などでは予想以上に残存価格が下がってしまい困ることがありますが、カーリースでは残存価格が保証されているので好きな車種を選べます。
法人では購入ではないので固定資産に計上しなくてすみますし面倒な減却償却を避けられ、リース料金も経費として計上できるので利益の出ている法人は節税にもなります。車両管理もリース会社にしてもらえるので自社管理が少なくてよいことが考えられます。
中古車リースは通常のリース期間を設定するものと1~3ヶ月という短期なリース契約期間を設けて中古車購入の試乗的なことをしてもらうという意味合いのものもあります。これは短期リースで気に入れば購入出来るという内容で中古車をいきなり買うのは不安だという人に最適です。また短期に車が必要だけど長期なリースは必要ではない人にも向いています。支払総額が多少割高になっても面倒くさい手続きは嫌だという人も利用価値がありそうです、新車の購入契約を結んだけれども人気車種なので納期がかかり、今使っている車の車検が切れてしまうので、その間つなぎに使うのにレンタルより安い中古車リースを使う手もありますね。

カーリースのデメリット

新車、中古車を問わず一番のデメリットは金利にあります。
車両本体価格だけではなく税や登録諸費用契約によりますが車検費用、法定点検まで金利がかかることです。
残存価格が設定されていても走行距離が制限されているものは超過分は満了時に支払う必要があり、乱暴に使用したなど車の価値が低くなった場合の差額についても同様です。
家族が増えたなど様々な理由で車種を変えたくてもリース期間中の契約は基本的には解約出来ないことが多く、それでも解約する場合は違約金がペナルティとして上乗せされてしまうことがあり、大きな痛手になりかねませんのでカーリースの契約自体や車種、リース期間をよく考えてカーリース契約をしなければならないことを肝に銘じることが必要です。
利益の少ない法人がカーリース契約した場合節税メリットがあまり期待できませんので購入初期の大きな出費を回避出来ることを考えても契約についての検討はしっかりしたほうがいいでしょう。

自分にぴったりの中古車を安く見つける方法

関連記事

car1A

お薦めカーリースはどんなもの?

まとまった資金は無いけど好みの車種の新車に乗りた~いという人に最適なお薦めカーリースがありま

記事を読む

car18

カーリースとはどんなものか?

誰でも知ってる自動車のカーリースですが、あらためてカーリースって何?と聞かれるとあれって感じ

記事を読む

car24

ワンコインカーリースは使えるのか?

ごく短期なカーリースでも日額ワンコイン500円というリース料金でカーリース出来る業者がありま

記事を読む

PAGE TOP ↑